首頁 繪者アタモトさん作品「コーギーを探せ」未經同意被做成噗浪版面之說明
« 首頁 »
2011 年 01 月 23 日 留言:0

繪者アタモトさん作品「コーギーを探せ」未經同意被做成噗浪版面之說明

標籤
Plurk
分享文章

---

最近plurkでイラストレーター、アタモトさんの作品はテンプレートの背景として使われていることを発見して、そのテンプレートも公開配布されています。
アタモトさんの作品:コーギーを探せ
使われていたテンプレート:こちら(すでに削除されたので今閲覧できません)

つまり、plurk会員であれば誰でも自由にダウンロード、使用でき、そしてplurk会員でなく人もこのテンプレートの背景が見れるのです。
このテンプレートの作者はアタモトさんの許可をもらったからそのテンプレートを作ったんでしょうか。念のためアタモトさんに尋ねてみました。
その結果……やっぱり無断使用だと判明しました。
本来アタモトさんは日本語しか話せないので諦めなければならないでしたが、私は翻訳手伝いの提案を提出して、そしてアタモトさんはテンプレートの作者に削除要求のメールを送りました。
最後無事に解決しました。テンプレートの作者はイラストを削除し、配布停止の声明も出しました。本当によかったと思います。

追記:友達からの通報によると、アタモトさんに送った配布停止の声明はすでに削除されたそうです、でもこちらにも載ってるので一応リンクを更新した。

でも、今考えてみると、おそらくこのテンプレートの作者は、ネットで見つかったイラストは作者のホームページとかブログとかのアドレスを載せれば、自由に使えて、作者には報告不要だと思ってます。
それは大違いです。
もしイラストの作者は外国人で、自分も日本語や英語が話せない、作者に報告できない場合、使用しなかったほうがいいと思います。
「日本語や英語が話せないから無断使用しちゃいました」というセリフはまったく無責任の行為だと思います。
今回の事件についてもっと多くの人に考えさせるように、ここで短…いや、長い文章で説明しました。

頁次: 1 2

發表迴響