今まで望んでたものなのに…

忍者ブログが死んだからこっちでちょこっと自分の気持ちを書きます。

そういえば自分の仕事に関してはまだなにも言ってないですよね。

今勤め先は…本物の出版社です。職位も本当の編集者です。

これは大学からずっと憧れてた仕事です。

正直今の仕事、私にとってはとても贅沢と言ってもいいほどの仕事です。

本が読めるし(ほとんど絵本)、翻訳もできるし(また絵本)、日本人との交渉もしばしばある(代理エイジェントに通じて、実際に日本語で話さないw)、本当に、完璧な仕事だと思います。

でも、今もとても、疲れが感じています。

毎日残業ばかりの生活は、本当に疲れた。他にもやりたいことがたくさんあったけれど、できる時間がない。せっかくの休みの日にも、ずっと「今日は一体なにをしようか、こんなに少ないから本当にやりたいことをしなくちゃ」と考えてた。

私はやっぱり、家で居たいかもしれない。なんの仕事もしたくないかもしれない。

仕事がしたいのに、もし休みの時間が減らしたら、仕事がしなくてもいい、かもしれない。

そんな自分が大嫌いです。でも、そう考えずにはいられないのです。

どうすればいいのか分からなくて、できるのはただこんな考えをしばらく置いて、同じ毎日を繰り返して、迷ってます。

やり直し

まぁ、とりあえずまた無職になったことです。

でもこの仕事やっていた間に自分も段々日本語を忘れたそうで、

今はもう一度日本語関連の仕事を探したいが、本当にできるかどうか自分でもわからないw

でもね、この間skypeで大学の友達と一緒に日本語会話したのよ。ちょっとだけ。

まぁ、練習の時間があれば忘れたものもきっと戻るはず。でも敬語はさすがに無理かな……

近いうちに翻訳の練習をしよう!自分の書いた小説を日本語に翻訳するとか……www

仕事見つかった

日本語とはまったく関係ないだけど、出版と編集とはちょっと関係ある仕事です。

とりあえずやってみたいと思います、実は台南に帰りたいなんだけど、まず台北頑張ってみましょう。

仕事が見つかったら次は日本語の塾を探すことです。日本語とまったく関係のない仕事ですから、一応日本語を下手にならないように勉強を続きます。

もし仕事が上手くいけばまたほかのやりたいことを考えよう。小説を書くとか、翻訳とか。

やりたいことがたくさんあって時間がないねー

危機感

なにかしゃべらないといけないね。最近ずっとそう思った。

授業が終わってからなんか自分の日本語も段々下手になちゃった。特に会話能力。

このままじゃ自分にとってもっとも重要なスキルもなくなる、という恐れがあった。

実は今まで探してる仕事は殆ど日本語とはそんなに深い関係がなかった、殆ど編集やデザイナー関連の仕事。

もちろんできれば将来の仕事も日本語使える機会があったらいいなと思ったけど、実際に面接の時自分でも驚いた。

私の日本語は下手になったということに。

今まで一生懸命勉強したものが、段々消えちゃう感じ。

このままじゃ、日本語が使える機会よりも、本当に機会があったら上手く話せるだけでもうありがたいことだ。

どうしよう。もうすぐ学校から出るのに、こんなことが起こった。

今なにかやろうと思っても間に合わないみたい。

どうすればいいの?

ストレス

最近はすごくプレシャーが感じてる。
迫されて迫されて呼吸もできないほどの圧迫感。
自分の未来についてのことはすでにうんざりだったが、
その上に他のほうからのプレシャーがいたずらのようにどんどん迫ってくる。

私の世界は君たちの世界だけじゃないんだ。
私は自分のやりたいこと、やるべき事がちゃんとあるんだ。
もう、やりたくないんだ、諦めたくないけど、もう、したくないんだ。

少しでもいい、ちょっと他の人の気持ちを考えなさいよ。
エゴイスト最低。